壁・塔データ

アップデート1.5の変更内容

・防衛タワーLv2で塔の種類を選択
・防衛タワーLv3で尖塔の種類を選択
・4種×4種の16通りの組み合わせ

防衛タワーのアップグレード

Lvアップグレード効果
2城塔HP+150
攻撃クールダウン-40%
弾丸速度+100%
最も近い敵ユニットを狙う
2スナイパータワー射程距離+50%
弾丸速度+50%
攻撃ダメージ+180%
攻撃クールダウン+100%
高HPユニットと攻城兵器を狙う
2装甲塔HP+350
初回ダメージ後5秒のシールド展開
低HPユニットと飛行ユニットを狙う
2バンカータワーHP+75
射程-45%
夜毎にクールダウン短縮
3射手の尖塔HP+350
同時に二射
攻撃クールダウン-30%
3弾道の尖塔攻撃クールダウン+50%
攻撃ダメージ+450%
弾丸速度+50%
攻撃を当てた敵の速度を低下
3炎の尖塔HP+250
着弾地点に炎ダメージ
攻撃ダメージ-50%
近接する敵に油攻撃
3治癒の尖塔HP+750
攻撃クールダウン-30%
攻撃ダメージ+90%
与ダメージで味方のHP回復

Lv2とLv3の効果は加算されます。Lv1の時はHP 100で、城塔を選ぶとHP 250で、治癒の尖塔を選ぶとHP 1000です。特典の効果は乗算されます。

Lv2で何を選んだか忘れてしまった場合、塔の見た目かHPで判断できます。

防衛タワーのアップグレード例

[城塔]と[治癒の尖塔]を選ぶと、攻撃間隔が非常に短くなり、攻撃力もなかなかで、回復効果まで付きます。防衛タワーの基本としておすすめです。

奥まった土地にある防衛タワーなら、[スナイパータワー]で射程を伸ばし、[射手の尖塔]で攻撃に特化させるのがおすすめです。

最前線の防衛タワーなら、[装甲塔]のシールドで耐えている間に[炎の尖塔]で炎攻撃する方法もあります。炎は範囲攻撃なので、弱くて数が多い敵に対して効果的です。

アップデートでたびたびバランス調整が入るでしょうから、あくまでも参考程度に捉えてください。

投資耐久
+2100

ステージ5で登場します。耐久という数値がありますが、橋が崩落した経験はありません。橋と爆発者が登場するステージが今後追加されると、崩落することもあるのかも知れません。

投資耐久
壁Lv1+4240
壁Lv2+12640
壁Lv1 城の設計図+4480
壁Lv2 城の設計図+121280

壁は、長さによって投資額が異なります。上表は、長い壁の場合です。建物が破壊されるとスコアが下がるので、基本的に耐久は高いほど良いです。

特典で[城の設計図]を付けると、壁と塔の耐久が2倍になります。対象物が多く、狙われやすいので、かなりお得です。

[城の防御施設]で城の中心の耐久を上げる方法もありますが、総合的な上昇量で比較したら、[城の設計図]の方が上です。